読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまのじゃくの戯言を此処に

ジャニーズ事務所 と 邦画

室龍太くんがすごくすごくすごく、

 

 

 

 

 

 

 

東西SHOW合戦、無事に千秋楽を迎えました。

 

 

 

素敵な舞台だった。素敵な時間だった。素敵な経験だった。初めての関西ジャニーズJr.出演の新橋演舞場

 

 

 

 

 

 

室龍太が好きすぎる

 

 

 

 

 

どうしたものか。

 

 

 

 

 

 

いやそりゃ、言わせてもらいますと室龍太くんを好きになって短くはないんです、むしろ色々見てきてるって言えるくらいの月日を追いかけてきたのは間違いないんです。

 

 

 

がBOYSという4人組ユニットを組んでいた時に知り、やっとVeteranになったころ、わたしは関西ジャニーズJr.全体が好きでした。

 

 

担当を1人に絞ることができない、これは当時の(今も?)の関西ジャニーズJr.のファンに正直良く思われないことなんです。自担に一途であることが正義文化がちょっと濃いめの世界なんです。

 

 

だからわたしは友達を作りませんでした。もちろん関ジャニ∞と掛け持ち、をしてるので知識がある人は周りにたくさんいたし会話に不自由することはなかったんです。

 

 

だから、1人で、ズルズルと、ずっとずっと好きでした。

 

古参の関西ジャニーズJr.のファンの方がよく言う黄金期と、わたしの中の黄金期が一緒かはわかりませんが、わたしはVeteranが6人、B.A.D.が2人、BOYSが2人、BBVが10人いる関西ジャニーズJr.がとてつもなく大好きだったんです。

 

 

正直いまも、あの頃感じたゾクゾクした感情を超えるものに出会えてないかもしれない。

 

 

それくらい本気で最強だと思ってたんです。

 

 

 

 

 

1人、減りました

 

 

それは突然やってきました。学校の帰り道に知りました。忘れもしません。家に帰ってきて意味がわからなくて、彼が出てる映像や雑誌を引っ張り出して何度も何度も見ました。受け止めたくなくて、なかったことにしたかったんです。

 

 

 

 

その日からわたしの最強と思っていた10人が、この人たちとデビューを掴み取るんだって信じてた未来が、少しずつ少しずつ、なくなっていったんです。

 

 

またひとり、ああ、また、って、

 

考えられますか?応援してても「これが最後かも」なんて考えながら彼らを見てるんですよ?

 

あの頃は生きた心地がしませんでした。

 

7WESTが前を立つようになり、体制がガラリと変わりわたしの好きな人たちは一緒になにかに載ったり歌ったり踊ったりすることが減りました。

 

 

 

いやなんの話って感じなんですけどね?

 

 

 

 

 

 

わたしは、龍太くんを思い浮かべると、いつも他の5人が思い浮かぶんです。

 

龍太龍太と、蝶よ花よと(言い過ぎではない)かわいがっていた5人を。

 

好きだったんです。いやいまでも、好きなんです。現在進行形でとても好きなんです。

 

 

 

 

ジャニーズWESTがデビューする直前、気がついたら6人いたはずが、2人になってたんです。

 

 

 

浜中文一くんと、室龍太くん

 

 

 

これが俗に言う文龍!テストに出ますよ〜〜

 

 

 

 

4人から7人体制になりデビューした方々と、文龍。

 

昨日まで横並びで立ってたはずの人たちがデビューしたんです。

 

 

 

 

あの日からわたしはずっとずっと悔しくて、好きな人たちのデビューを素直に喜べなくて、7人以外の人たちの肩を持つようになり、なんなら7人のことを良く思わないようにまでなりました。

 

バカだから、ただ悔しかった、羨ましかったんです。7人と7人のファンの方々が笑って喜んでいる姿を見ながら、羨ましくて羨ましくて仕方がなかったんです。なにが違うの?なんで?ってーーーーまじ激重キモヲタですモンペです…

 

 

 

 

でも!それが!!!!少しずつ少しずつ無くなっていくのを感じてるんです最近。

 

 

室龍太が売れてるんです(モンペ)

 

 

 

いや!だって!ねえ!ほら!みて!世界を!!

 

 

 

確実にファンが増えてるんです!!!!気のせいじゃないんですほんとなんです実感する瞬間がたくさんあるんです!!!!!

 

 

 

Twitterで「龍太」と検索するといろんな人が龍太くんの話をしてて…「室くん」と検索するとスト担さんたちが室くんはすごいと褒め称えてくれ…はてなブログで検索をかけると龍太くんの名前があるブログがたくさんヒットし…おまけにSexy Zone菊池風磨くんが室龍太を欲しいという、フォトセットが売り切れる、三宅健くんと滝様の口から「室龍太」が飛び出す

 

ほらみて、売れてるでしょう?(モンペ)

 

 

たのしい、うれしい、大好き!!

 

 

室龍太を選んで、室龍太を見続けて、応援し続けてきた自分を褒めたい。今も変わらず応援させてくれている室龍太くんに感謝しかない。そんな感じです、いま。

 

 

 

あんなに悔しくてあんなにうらやましかったのに、今は少しだけそんな気持ちが晴れたような気がしてます。

 

 

 

「しがみついてでもデビューしたい」

 

 

 

 

 龍太くんが最新の雑誌で言った言葉です。

 

デビューだけが全てじゃないって理解しながらも、この言葉を言った室龍太かっこよすぎませんか?

 

2017年は勝負年なんです。死ぬ気でやるしかないんです。

 

 

 

 

 

昨日も、今日も、明後日も、滝沢歌舞伎2017の幕が上がるまで、死ぬ気でお稽古をしているであろう龍太くんのことだけ考えて、わたしは生きています。

 

 

 

 

 

 

なんだこの文章は。

 

どうしても叫びたい

 

やっほーーー!!!!!!!!!!!!

お久しぶりです!天邪鬼です!

 

 

完全にはてなブログ離れしてたんですが

龍太くんが最強すぎる世界が幸せすぎて、龍太くんのお仕事が4ヶ月先まで決まっている世界が最強すぎて、死ぬんじゃないかって思ってるわたしです。

 

まず、東西SHOW合戦のお話から?しましょうか?龍太くんが新橋演舞場に立ちますよー!!!!みなさん!!!!室龍太東京でお仕事決まってマーーーーーース!ありがとうございます!!関西からは、龍太くん康二くん大西さん西畑くん…メインと呼ばれるメンバーに 「 室龍太 」 のならびよ…無駄な空白もなく…室龍太…さいきょぅ…、と頭を抱えながらありがたいことに観に行くことができます。幸せです。

 

 

わたしは関西ジャニーズJr.が東京にお仕事に来た時に、絶対的に味方でいたいんです。簡単に聞こえるかもしれないけど、永遠に関西がホームな彼らは一生東京に「仕事」しに来るし、戦いに来る。そのときに「ここにあなたの味方はいるよ。ちゃんと観てる人はここにいるよ。」ってしたいんです。重いなー!!!重たいヲタクだなー!!!!!!!!ごめんなさい!!!!重いんです!!!

 

だからもう嬉しくって、決まった日から嬉しくって、ワクワクです。

 

怪我もなくなにもなく、全員が満足して26日の千秋楽を迎えられますように!!!応援しております!!!大好きです頑張れ関西ジャニーズJr.!!!

 

 

そして、次ですね、「 滝沢歌舞伎2017 」 です。

 

これに関してはほんとに、ほんとに嬉しいです。滝様が松竹座に来てくれたあの日、わたしは家にいたからTwitterのレポを読んでドキドキしました。滝様が龍太くんの顔と名前と年齢を覚えている世界。言葉で表しきれない…あの瞬間龍太くんの隣に立って聞いたよぉ〜聞いたよぉ〜って頭撫でまわしたい。7歳上だけど、撫でくりまわしたい。すき。かわいい。

 

そんなことがあった2016年の年末に、当たり前に春松竹に応募して、あ〜〜春も松竹座で龍太くんに会える!6月もお仕事決まってる!はぁ〜〜天国か2017年は!なんて思いながら年を越しました。

 

2015-2016は東京ドームで年を越したわたしだったので、スクリーンに映った京セラドームにいる龍太くんを見て発狂したことを思い出しながら、2016-2017無事に年を越させていただきました。龍太ちゃんなにしてるかな〜〜なんて思いながらね、気持ち悪いヲタクです!!!!

 

 

 

 

新年になり、きたる1/13。わたしは関ジャニ∞さんに会いに大阪にいました。そんなときに春松竹の当落、わたしの名義は落選して友達に借りてた名義で当選…でもそこに、室龍太は出演しませんの文字、は????????なにいうてんのメールさんよ??????龍太くん出るって言いましたよね?????????関ジャニ∞に会う前にパニックですよ、そしてその日の公演には龍太くんいたんですよ、その場で問いただしたかったですねあのときは、アナタハルナニスルノ?????ってですね。

 

漠然と、滝様のこともあったし、歌舞伎出てくれると嬉しいなあ、って思いながら寝て。翌日になって、お昼前くらいですね、「 嬉しいね 」と、一緒にメールのスクリーンショットが親から送られてきました。

 

ひとりで、新大阪の駅で、涙が止まらなくなりました。

 

もちろんどこかで期待してたし、そんなことになるといいな、なんて思って見たりしたけれどいざ現実になると大きすぎて、室龍太かまたったひとりで「 東京 」に仕事しにくるんです、それも1ヶ月半もある公演なんです。

 

殺陣のお仕事がしたいって口に出していた彼の夢が叶った。悔しさをバネに本気で攻めている龍太くんがかっこよすぎた。キラキラしてた。滝様と健くんとすのと林くんと並んでる「 室龍太 」の文字が誇らしかった。

 

あーーーーーーーーこの人を好きになった自分を褒めたい!この人を好きになってよかった!

 

 

全身全霊で応援します。

 

 

5年前の滝沢歌舞伎、桐山濵田重岡神山が呼ばれたあの日からわたしは世界が動いたと思っています。2012年の関西ジャニーズJr.の活動はそれまでにないものだった。それを当時感じてた。そこに龍太くんもいた。クリエに彼も呼ばれていたんだ。

 

5年前の4月に、彼のお兄ちゃんが退所した。

 

 

時が経ってる。龍太くんのときはずっと進んでる。龍太くんは前を向いている。

改めてそれを感じさせられるお仕事の決定でした。

 

関西ジャニーズJr.最年長浜中文一くんがSHOCKに出演して、室龍太が滝沢歌舞伎に出演する2017年はわたしの寿命を絶妙に縮めにきているんじゃないか。

 

 

 

叫びたい。関西ジャニーズJr.が最強だと。

わたしの中の 「 関ジャニ∞ 」




わたしは2010年を機に 「 自担 」というワードに当てはめている人がいない。こう文字にしてみるともう6年も経ったのか…と思う。


わたしが最後に 「 自担 」という形に当てはめたは関ジャニ∞大倉忠義さん。最後にって言っても後にも先にも彼しかいない。ある意味特別な人なのかもしれないし、彼がいたからジャニヲタとしての楽しみ方を知ることが出来たんだといま思える。


前々回の記事に書いたように幼稚園児のころに坂本くんがわたしの前でキラキラして王子様で、「ジャニーズ」を知り、そこから嵐の二宮和也さんを知り、車の中で聞くために(笑)CDの通常盤だけを親に頼んで買ってもらいながらテレビの前でかっこいい!かわいい!好き!をしていた。小学生なってた?なってない?マセガキ…自分でも心配になる(笑)


そして関ジャニ∞を知ることになる。毎年のように見てたジャニーズカウントダウンだ。「 なにこの変な人たち…かっこいい… 」第一印象がこれ。直感で好きって思った。だがここでわたしが心奪われたのは大倉忠義さんではなく、 「安田章大」さんである。かわいい!超かわいい!!誰この人!!!

デビューしたての関ジャニ∞安田章大なんて関ジミの名の通り知名度認知度が低かった。学校に行って誰かに話しても伝わらない伝わらない…。YouTubeを漁りまくり、かわいい安田くんを見てはかわいいかわいいかわいいかわいいと、12歳上の関西のにいちゃんを愛でる小学生。こわい。おかしい。


そこで2007年2008年と、気づいたらわたしの好きな人は大倉くんになっていた。理由はわからないが大きい体でムフムフ笑う、常に画面の一番端に(ときにフレームアウト、背中を向けて)いる彼がすごくすごく好きになっていた。安田くんのころは感じなかった「 この人がいい、この人がすき 」という気持ち。きっと10歳を過ぎてまたマセたんだと思う。お恥ずかしい。

大倉くんの笑顔が好きで、メンバーを見てる眼が好きで、努力してる姿が好きで、いまとは少し?おおきく?違う大倉くんが大好きで、ぷにゅぷにゅしてて、かわいくて、くまさんみたいで、食べてる姿が大好きで、
いまでも2007.2008のころの大倉くんを見てると胸がギューっとなるしこの人が好きという感情が湧き上がってくる。


わたしは大倉担です!!!って言ってた。





でも2010年のツアーの後、わたしは大倉担を名乗らなくなった。


理由は自分でもちゃんと整理できてないんだが、関ジャニ∞の一番を決める事に理由を見出せなくなったんだと思う。

わたしは大倉くんが好きな前に、関ジャニ∞が好きで、関ジャニ∞にいる大倉くんが好きだった。

それに気づいてからわたしは



わたしは関ジャニ∞が好きです!!!!!!

こうなった(笑)


必殺開き直り。もういい、担当ってなに?ってなった。


横山くんもすばるくんも信ちゃんも丸ちゃんも安田くんも亮ちゃんも大倉くんも、7人がいる関ジャニ∞がすきだ!ってなったからもうわたしには担当がいなくなった。


大倉くんが嫌いになったわけでもなく、他に担当にしたい人ができたわけでもない。大倉くんを一番にする必要性を感じなくなったんだ。



それからは気持ちが楽になって、いまもズルズルその感覚で続けている。関ジャニ∞のファンを。いまも。変わっていくアイドルと変わっていくファンがいつまで続くのか、不確か関係ではあるが、間違いなくわたしは関ジャニ∞に生かされた時代がある。関ジャニ∞が生きていいよって言ってくれた時代がある。




不確かな時間は、いつまで続くのか?


BBVという最強の10人組のおはなし




BBVという最強の10人組がありました。
3つのグループが集まり10人になると、爆発的にかっこよくなり強くなりキラキラして見てるこっちはワクワクが止まらなくなるのです。

B.A.DとBOYSと、Veteran

伊藤政氏、菊岡正展、室龍規、浜中文一、室龍太、山𥔎薫太、中田大智、濱田崇裕、桐山照史中間淳太



わたしはこの10人に幾度となくワクワクし夢を見て興奮させられ、笑顔を貰い、悔しい悲しい思いをさせてもらい、幸せにしてもらったかわからない。

かっこいいんです、この10人は。


もう二度とこの10人が揃っているところは見れないのに、いつまでも縋っていつまでもしがみついてジャニヲタを続けるんだわたしは。



夜のおセンチな気持ちでした。

わたしにとって


わたしにとってのジャニーズの入り口は、V6の坂本昌行さんです!!!

これはわたしが知り合うヲタクさんに言うと百発百中でうける鉄板ネタである。なんせ私は坂本くんの25歳下なのだから。



幼稚園生のころにV6の坂本くんを見て「この人かっこいい!!!」と目覚めたのだ。完全にジャニーズ好きな母親の影響だった。(母は茶の間ジャニーズ好き、だった)当時5歳のわたしは坂本くんがキラキラし過ぎていて、V6はわたしのジャニーズへの入り口である。今でもなぜ坂本くんだったのか自分でもわからない。14年ほど経ったいまでも坂本くんを見ると「かっこいい…!」ってなる、あたりまえに、かっこいい…って。


アニバコンのAirの大サビ前なんてもうあんなの王子様としか言えないじゃないですか!!!って言っても私の年代で理解してくれる人は基本いません。それでもいいんです、かっこいいんですもん。




坂本くんをかっこいいと思ったあの日、学校へ行こうを見てたあのとき、ランチの女王や食いタンを見てるとき、岡田氏(あえて二宮くんの呼び方です)の出演映画を見たとき、何年後かのV6の10周年と、わたしがV6に堕とされるべき瞬間は何度もあったのだ。


あったのだ、あった、あったんだけれども


わたしは関ジャニ∞が好き、いまも昔も変わらずに。


この20周年を超えてひたすらにV6に浸りながら何度も「なんであのとき…」「ああなぜ私はV6に…」とV6を追いかけてこなかった自分に嫌気がさしている。



そんなこといっても、何度戻っても関ジャニ∞を好きになるんだろうなあ、なんて笑っちゃうんだが、彼らを追いかけてきた約10年は簡単に無いものとできるものでも無いわけで、ここらへんぐちゃぐちゃっとしてる感情なんですけどもね、ヲタクってめんどくさい


せめて関ジャニ∞と並行して追いかけてきたかった、この6人を、追いかけてこなかったことを全力で後悔している。なんたって20年、私が生きてきた期間よりも1年間長い…戻って知って戻って知ってが追いつかない、20年という月日は簡単に遡れるものでない。当時あの瞬間あの時に置いてきてるキラキラしてワクワクする事実がたくさんあるのだから、なんならそっちの方が多いのだから。



まったく手付かずだったわけでもない、10周年のアルバムは当時買ってたし、シングルも何枚か買って、カレンダーだって買ったことがある。ジャニーズ内で一番歌がうまいグループだと思ってた(独断と偏見)今ももちろんそう思ってる。


もっと本気出して追いかけてろよ!!!!って昔の自分に言いたいんです。つらい。知れば知るほど好きになる6人組。可愛くてかっこよくてアホで最強のおじさんたち。




今日も私はアニバコンをエンドレスリピートしています。