あまのじゃくの戯言を此処に

ジャニーズ事務所 と 邦画

室龍太くんがすごくすごくすごく、

 

 

 

 

 

 

 

東西SHOW合戦、無事に千秋楽を迎えました。

 

 

 

素敵な舞台だった。素敵な時間だった。素敵な経験だった。初めての関西ジャニーズJr.出演の新橋演舞場

 

 

 

 

 

 

室龍太が好きすぎる

 

 

 

 

 

どうしたものか。

 

 

 

 

 

 

いやそりゃ、言わせてもらいますと室龍太くんを好きになって短くはないんです、むしろ色々見てきてるって言えるくらいの月日を追いかけてきたのは間違いないんです。

 

 

 

がBOYSという4人組ユニットを組んでいた時に知り、やっとVeteranになったころ、わたしは関西ジャニーズJr.全体が好きでした。

 

 

担当を1人に絞ることができない、これは当時の(今も?)の関西ジャニーズJr.のファンに正直良く思われないことなんです。自担に一途であることが正義文化がちょっと濃いめの世界なんです。

 

 

だからわたしは友達を作りませんでした。もちろん関ジャニ∞と掛け持ち、をしてるので知識がある人は周りにたくさんいたし会話に不自由することはなかったんです。

 

 

だから、1人で、ズルズルと、ずっとずっと好きでした。

 

古参の関西ジャニーズJr.のファンの方がよく言う黄金期と、わたしの中の黄金期が一緒かはわかりませんが、わたしはVeteranが6人、B.A.D.が2人、BOYSが2人、BBVが10人いる関西ジャニーズJr.がとてつもなく大好きだったんです。

 

 

正直いまも、あの頃感じたゾクゾクした感情を超えるものに出会えてないかもしれない。

 

 

それくらい本気で最強だと思ってたんです。

 

 

 

 

 

1人、減りました

 

 

それは突然やってきました。学校の帰り道に知りました。忘れもしません。家に帰ってきて意味がわからなくて、彼が出てる映像や雑誌を引っ張り出して何度も何度も見ました。受け止めたくなくて、なかったことにしたかったんです。

 

 

 

 

その日からわたしの最強と思っていた10人が、この人たちとデビューを掴み取るんだって信じてた未来が、少しずつ少しずつ、なくなっていったんです。

 

 

またひとり、ああ、また、って、

 

考えられますか?応援してても「これが最後かも」なんて考えながら彼らを見てるんですよ?

 

あの頃は生きた心地がしませんでした。

 

7WESTが前を立つようになり、体制がガラリと変わりわたしの好きな人たちは一緒になにかに載ったり歌ったり踊ったりすることが減りました。

 

 

 

いやなんの話って感じなんですけどね?

 

 

 

 

 

 

わたしは、龍太くんを思い浮かべると、いつも他の5人が思い浮かぶんです。

 

龍太龍太と、蝶よ花よと(言い過ぎではない)かわいがっていた5人を。

 

好きだったんです。いやいまでも、好きなんです。現在進行形でとても好きなんです。

 

 

 

 

ジャニーズWESTがデビューする直前、気がついたら6人いたはずが、2人になってたんです。

 

 

 

浜中文一くんと、室龍太くん

 

 

 

これが俗に言う文龍!テストに出ますよ〜〜

 

 

 

 

4人から7人体制になりデビューした方々と、文龍。

 

昨日まで横並びで立ってたはずの人たちがデビューしたんです。

 

 

 

 

あの日からわたしはずっとずっと悔しくて、好きな人たちのデビューを素直に喜べなくて、7人以外の人たちの肩を持つようになり、なんなら7人のことを良く思わないようにまでなりました。

 

バカだから、ただ悔しかった、羨ましかったんです。7人と7人のファンの方々が笑って喜んでいる姿を見ながら、羨ましくて羨ましくて仕方がなかったんです。なにが違うの?なんで?ってーーーーまじ激重キモヲタですモンペです…

 

 

 

 

でも!それが!!!!少しずつ少しずつ無くなっていくのを感じてるんです最近。

 

 

室龍太が売れてるんです(モンペ)

 

 

 

いや!だって!ねえ!ほら!みて!世界を!!

 

 

 

確実にファンが増えてるんです!!!!気のせいじゃないんですほんとなんです実感する瞬間がたくさんあるんです!!!!!

 

 

 

Twitterで「龍太」と検索するといろんな人が龍太くんの話をしてて…「室くん」と検索するとスト担さんたちが室くんはすごいと褒め称えてくれ…はてなブログで検索をかけると龍太くんの名前があるブログがたくさんヒットし…おまけにSexy Zone菊池風磨くんが室龍太を欲しいという、フォトセットが売り切れる、三宅健くんと滝様の口から「室龍太」が飛び出す

 

ほらみて、売れてるでしょう?(モンペ)

 

 

たのしい、うれしい、大好き!!

 

 

室龍太を選んで、室龍太を見続けて、応援し続けてきた自分を褒めたい。今も変わらず応援させてくれている室龍太くんに感謝しかない。そんな感じです、いま。

 

 

 

あんなに悔しくてあんなにうらやましかったのに、今は少しだけそんな気持ちが晴れたような気がしてます。

 

 

 

「しがみついてでもデビューしたい」

 

 

 

 

 龍太くんが最新の雑誌で言った言葉です。

 

デビューだけが全てじゃないって理解しながらも、この言葉を言った室龍太かっこよすぎませんか?

 

2017年は勝負年なんです。死ぬ気でやるしかないんです。

 

 

 

 

 

昨日も、今日も、明後日も、滝沢歌舞伎2017の幕が上がるまで、死ぬ気でお稽古をしているであろう龍太くんのことだけ考えて、わたしは生きています。

 

 

 

 

 

 

なんだこの文章は。

 

どうしても叫びたい

 

やっほーーー!!!!!!!!!!!!

お久しぶりです!天邪鬼です!

 

 

完全にはてなブログ離れしてたんですが

龍太くんが最強すぎる世界が幸せすぎて、龍太くんのお仕事が4ヶ月先まで決まっている世界が最強すぎて、死ぬんじゃないかって思ってるわたしです。

 

まず、東西SHOW合戦のお話から?しましょうか?龍太くんが新橋演舞場に立ちますよー!!!!みなさん!!!!室龍太東京でお仕事決まってマーーーーーース!ありがとうございます!!関西からは、龍太くん康二くん大西さん西畑くん…メインと呼ばれるメンバーに 「 室龍太 」 のならびよ…無駄な空白もなく…室龍太…さいきょぅ…、と頭を抱えながらありがたいことに観に行くことができます。幸せです。

 

 

わたしは関西ジャニーズJr.が東京にお仕事に来た時に、絶対的に味方でいたいんです。簡単に聞こえるかもしれないけど、永遠に関西がホームな彼らは一生東京に「仕事」しに来るし、戦いに来る。そのときに「ここにあなたの味方はいるよ。ちゃんと観てる人はここにいるよ。」ってしたいんです。重いなー!!!重たいヲタクだなー!!!!!!!!ごめんなさい!!!!重いんです!!!

 

だからもう嬉しくって、決まった日から嬉しくって、ワクワクです。

 

怪我もなくなにもなく、全員が満足して26日の千秋楽を迎えられますように!!!応援しております!!!大好きです頑張れ関西ジャニーズJr.!!!

 

 

そして、次ですね、「 滝沢歌舞伎2017 」 です。

 

これに関してはほんとに、ほんとに嬉しいです。滝様が松竹座に来てくれたあの日、わたしは家にいたからTwitterのレポを読んでドキドキしました。滝様が龍太くんの顔と名前と年齢を覚えている世界。言葉で表しきれない…あの瞬間龍太くんの隣に立って聞いたよぉ〜聞いたよぉ〜って頭撫でまわしたい。7歳上だけど、撫でくりまわしたい。すき。かわいい。

 

そんなことがあった2016年の年末に、当たり前に春松竹に応募して、あ〜〜春も松竹座で龍太くんに会える!6月もお仕事決まってる!はぁ〜〜天国か2017年は!なんて思いながら年を越しました。

 

2015-2016は東京ドームで年を越したわたしだったので、スクリーンに映った京セラドームにいる龍太くんを見て発狂したことを思い出しながら、2016-2017無事に年を越させていただきました。龍太ちゃんなにしてるかな〜〜なんて思いながらね、気持ち悪いヲタクです!!!!

 

 

 

 

新年になり、きたる1/13。わたしは関ジャニ∞さんに会いに大阪にいました。そんなときに春松竹の当落、わたしの名義は落選して友達に借りてた名義で当選…でもそこに、室龍太は出演しませんの文字、は????????なにいうてんのメールさんよ??????龍太くん出るって言いましたよね?????????関ジャニ∞に会う前にパニックですよ、そしてその日の公演には龍太くんいたんですよ、その場で問いただしたかったですねあのときは、アナタハルナニスルノ?????ってですね。

 

漠然と、滝様のこともあったし、歌舞伎出てくれると嬉しいなあ、って思いながら寝て。翌日になって、お昼前くらいですね、「 嬉しいね 」と、一緒にメールのスクリーンショットが親から送られてきました。

 

ひとりで、新大阪の駅で、涙が止まらなくなりました。

 

もちろんどこかで期待してたし、そんなことになるといいな、なんて思って見たりしたけれどいざ現実になると大きすぎて、室龍太かまたったひとりで「 東京 」に仕事しにくるんです、それも1ヶ月半もある公演なんです。

 

殺陣のお仕事がしたいって口に出していた彼の夢が叶った。悔しさをバネに本気で攻めている龍太くんがかっこよすぎた。キラキラしてた。滝様と健くんとすのと林くんと並んでる「 室龍太 」の文字が誇らしかった。

 

あーーーーーーーーこの人を好きになった自分を褒めたい!この人を好きになってよかった!

 

 

全身全霊で応援します。

 

 

5年前の滝沢歌舞伎、桐山濵田重岡神山が呼ばれたあの日からわたしは世界が動いたと思っています。2012年の関西ジャニーズJr.の活動はそれまでにないものだった。それを当時感じてた。そこに龍太くんもいた。クリエに彼も呼ばれていたんだ。

 

5年前の4月に、彼のお兄ちゃんが退所した。

 

 

時が経ってる。龍太くんのときはずっと進んでる。龍太くんは前を向いている。

改めてそれを感じさせられるお仕事の決定でした。

 

関西ジャニーズJr.最年長浜中文一くんがSHOCKに出演して、室龍太が滝沢歌舞伎に出演する2017年はわたしの寿命を絶妙に縮めにきているんじゃないか。

 

 

 

叫びたい。関西ジャニーズJr.が最強だと。

BBVという最強の10人組のおはなし




BBVという最強の10人組がありました。
3つのグループが集まり10人になると、爆発的にかっこよくなり強くなりキラキラして見てるこっちはワクワクが止まらなくなるのです。

B.A.DとBOYSと、Veteran

伊藤政氏、菊岡正展、室龍規、浜中文一、室龍太、山𥔎薫太、中田大智、濱田崇裕、桐山照史中間淳太



わたしはこの10人に幾度となくワクワクし夢を見て興奮させられ、笑顔を貰い、悔しい悲しい思いをさせてもらい、幸せにしてもらったかわからない。

かっこいいんです、この10人は。


もう二度とこの10人が揃っているところは見れないのに、いつまでも縋っていつまでもしがみついてジャニヲタを続けるんだわたしは。



夜のおセンチな気持ちでした。

彼らのデビューとわたしの気持ち



2013年が終わる!!例年と同じようになにもわかりなく、紅白を見終えて、チャンネルを変える、フジテレビに。これはもう無意識に近い行動で、ジャニーズが好きな人の恒例行事なんじゃないか、これを見ないと年を越せないようになっているんだと思う。「ジャニーズカウントダウン


お目当の関ジャニ∞はここ何年も出演することはなかったけど、それでも見てしまうのは「今年は何人読んでもらえるんだろ…誰が呼んでもらえるんだろう」という、関西ジャニーズJr.の動向が気になりすぎるからで、ほとんどそれしかなかったと思う。

テレビの前で泣き崩れた。なんで?なんなの?なにこの発表の仕方ありえない、4人なの?ねえ他のみんなは?なんでここで4人は笑ってんの?なんで4人しかいないの?なんなの?これは夢なんですか?ここにはあの人もあの人もあの人もいないよ?なに笑ってんだよなにヘンテコなグループ名掲げてんだよ

もっとボロクソに思ってた

正直一瞬も「おめでとう」って思えなかった。ずっとデビューしてほしかった人たちのデビューなのに。「よかったね」って思えなかったのだ。なんたってわたしは関西ジャニーズJr.が好きで、平和主義すぎたんだ。B.A.D.もBOYSもVeteranもそこにはなくて、7WESTもなくて、わたしの好きなあの素敵な集団はそこになくて、全てを壊された気分になった。まったくそんなことはないし、今なら冷静に考えられるのだけれども、あの瞬間は無理だった。
その後東京ドームでその瞬間を体験したお友達から電話があり、彼女の担当さんはあの初期の4人の中の1人なわけで、嬉しい嬉しいと泣いていて、また苦しくなった。わたしも喜びたいしおめでとうって思いたい。こんなデビューってなんなのって感情がグルグルとグチャグチャと真っ暗で、裏切り者って思った。4人のことを最低だけど、わかってるけど、あのときはそうとしか思えなかったから。


年明けすぐに決まっていた大阪城ホールでのあけおめには私はいかなかった。「いかなくてよかった」って思ったコンサートは初めてだった。レポを読んで、涙が止まらなかったからだ。その場にいたら正気でいれる気がしなかったからだ。


デビュー発表から数日経って、日生劇場での公演決定のメールが届いた。結果としてその公演の幕が上がるとジャニーズWEST4は藤井流星神山智洋、濱田崇裕の3人を加えて7人組になっていて、「やっぱり俺らは7人で頑張ってきたもんな!7人でデビューできて嬉しい!」(完全にニュアンス)よかったよかっためでたしめでたし感が漂いまくったんだけれども、全くわからない。意味がわからない。取り残されてる感覚は今でも忘れられない。いつから7人だったの?いつから7人だけで頑張ってきたの?7人の区切りはなに?途中加入できた人とできなかった人の差はなに?スキル?経験値?顔面?人気?認知度?そうだよもちろんあの7人は関西Jr.の中でも完全にトップだった。でもどうしても「俺らは7人!!!!」なのが気に食わなかった。今でも考える、なんであの7人だったんだろう。きっとこれは彼らをみて一生考えることだと思うから答えを諦めた。
私はこの公演で、初めて本気でこの人たちのデビューを実感したんだとおもう。内容はとても素敵だったし、キラキラしてたけど、それでもあなたの隣にはあの人が…とか、なんでここにあの人はいないんだろう?とか考えてしまってた。

CDが発売して、エムステ初出演。やっぱりどんなに嫌味を言ってても彼らの晴れ舞台は見届けたいわけで、テレビの前で待機してた。
かっっこよかった。テレビにうつるのは俺や!とひとりひとりが主張して、目立ちたい感が前面にでてて、楽しそうで、キラキラしてて、カメラに食いついていく彼らがすごくかっこよかった。緊張してるのも感じたし、精一杯のパフォーマンスを感じることができた、最初で最後の彼らの姿。

彼らが大好きだったからこそ、いろんな人の退所を見届けてきたからこそ、私はきっとジャニーズWESTに一生厳しい目を向けてしまうと思う。かわいいね〜〜かっこいいね〜〜たのしいね〜〜で済まされない感情でいてしまうんだとおもう。

欠かさず行っていた彼らの現場。でももうだめかもって思った。嫌いになりたくないから、これ以上粗探ししたくないから、ここにいない彼らのことを考えたくないから、わたしはいつまでもBBVの10人に縋っていたいから、なんて理不尽な理由で彼らの姿を見に行くことを辞めた。
4月5月の松竹座と新橋演舞場にはいかず、(4月はオダサク行ってました!!浜中文一くんと室龍太くんを!!幸せすぎてたまらなくなりました!!能天気です!!)8月の松竹座も。

でも、ここで事件が起きる。
9月の日生劇場室龍太向井康二がいる。とな。急いでチケットを探して、一回だけ入りました。双眼鏡を離さずずっと、ずっと室龍太を見てましたけど。(だからあんまりジャニーズWESTの現場っていう印象ないごめんなさい)龍太ちゃん!!初の!!日生劇場!!!おめでたい!!おめでたすぎる!!!なんて心の中ではルンルンのくせしてめっちゃ冷静な顔面で観劇しました。ポーカーフェイス。イエァ。
このとき隣の席の女の子におもむろに話しかけられて、誰が好きなんですか?」なんて聞かれたから「室龍太くんです」って答えたら誰それ…って顔されちゃったのはめちゃめちゃショックだったな☆☆


その後めぇ魂かな?これは完全なるミス。入ればよかったと後悔しております。意地なんて張らずに入ればよかった。龍太ちゃんのうちわ持ちたかったな〜〜はあ〜〜ばかだ自分。でも去年のこと思い出してつらいから無理ですって思ったんだもん。クソ。Twitterで康二の目情あがって頼む…信じてるよ康二…って思いつつ待機し、レポを読み漁る年始になりました。

1月の日生劇場にも結局行かず、目を背けたいだけ背けてた。ジャニーズWEST?よくわかんないな?くらいに、パリピポなんかは友達に名義貸す始末ですよ、見事当たったみたいで良い席だったみたいだったなあ。とか思ってたらこれもバックつくし、行かなかったですけどね。ごめんなさい。行きたかったけど、ナイーブだったから、ね、後悔しまくりだけど、ジャニーズWESTのバックで踊ってる龍太ちゃんを見るのはまだ私には出来なかったと思うから、だって去年のin大阪でさえ厳しかったんだから、はあ〜〜文ちゃんと2人でデビューしないかな!!!!なんて支離滅裂なこと考えて2010の少年倶楽部in大阪や少年たち2010なんか見ちゃって完全に現実逃避私の中ではまたみんな関西ジャニーズJr.でえ〜〜す!!!なんてお花畑なことばっか考えてたばかだなあ〜〜完全に拗らせてる。










ここまで書いて疲れた。
きっとまた続き書きます。ここまででも私のメンタルはきっつ〜〜だった。完全なる箱推しをしてた関西ジャニーズJr.ヲタが、応援の仕方を少しずつ変え始めるお話でした。気分を悪くされた方はごめんなさい。わたしの正直な気持ちでした。今年の夏の松竹座から今日までのことはまた後日。




ジャニーズWESTの中のデビューって、なに?

まず大前提として


わたしは関ジャニ∞が好きだ。

わたしの人生にジャニーズが介入してから関ジャニ∞を好きになるまで5年ほどかかったが、その話は長くなるので省略しますね(笑)ジャニーズカウントダウンでバカみたいにおバカな歌を歌う彼らを見て「なんだこの最強集団は…!」となり、「安田章大くん!!!ちょうかわいい!!!!」となり見事に関ジャニ∞にどハマりしたのだ。

まだ関ジミの名のように丸山安田大倉が目立つことは少なく、小学校のクラスメイトは誰1人として安田章大を認識していなかったことを今でも覚えている。関ジャニ∞すら危うい認知度だったのだ。(どちゃくそ田舎の小学校だったっていうのもあるけどネ)

その後雑誌を買うようになり、CDを買い、DVDを買い、どんどんどんどん関ジャニ∞を知っていき、どんどんどんどん好きになった。気が付いた時にはわたしの中の1番は安田くんではなく大倉くんに変わっていたのだけれども、今現在は1番が大倉くんということもなく、「関ジャニ∞」というグループが大好きで、誰が1番だとかはなく、三十路過ぎのおっさんたちがわちゃわちゃとただかわいく生きてることがかわいくてかわいくて仕方がないという完全に拗らせたヲタクをしているのだ。


そこでわたしはもうひとつ、完全に拗らせながら応援してしまう人たちに出会うのだ。

関西ジャニーズJr.です。


わたしの大前提にはいつも関ジャニ∞がいて、自然と彼らの直属の先輩となる関西ジャニーズJr.に目がいくのであって(当時はツアーにもついてたからネ)顔と名前が一致するまで時間がかかることもなくスラスラとどんどん魅了されていったのだ。

B.A.D.とBOYSとVeteran

なにこのひとたち素敵すぎる…!!最強か…!

とまあ、こんな感じで関ジャニ∞経由で関西ジャニーズJr.の抜けられない泥沼にハマるというなんとも王道な(?)道を辿ってきたわたしです。

ジャニーズWESTがデビューするまでは本気でまるっと関西ジャニーズJr.というグループが好きでいました。でもいまは室龍太くんを完全に特別視し、「龍太ちゃん龍太ちゃん!!」と7歳年上の彼を「龍太ちゃん」呼びをして愛でまくる日々を過ごしております。もちろん文一くんやギャン末をはじめ向井くん西畑くん大西さん、吉野伊織くんら(以下省略)も全力で応援してます。

彼の活動を少しでも長く見続けられますように。彼の周りのみんなが少しでも長く笑っていますように、今日も室龍太最強です。



ここには、きっとほとんど室龍太くんのことばかり書くと思います。文章にして室龍太くんのことをいろんな人に知ってもらいたいっていうのもあるし、単に自分がどこかに吐き出したいっていうのもあります。だってかわいくてかっこよくて素敵すぎるんだもん龍太ちゃん!!!!!(大声)ね!!!!?